【 人工南岸低気圧・人工寒波・人工大雪が、米軍と気象庁(日本政府)の気象操作によって作られています。気象テロの真実 雨雲ズームレーダーや日本気象協会衛星画像。 】 18-02-02更新

タイトル
【 人工南岸低気圧・人工寒波・人工大雪が、米軍と気象庁(国土交通省・日本政府)の気象操作によって作られています。気象テロの真実を観察してまいりましょう。雨雲ズームレーダーや日本気象協会の衛星画像で状況証拠を見ることができます。 】 
2018-02-01
・ 02-02更新

皆さん、こんにちは。
2018年2月1日、南岸低気圧による大雪の可能性が予報されています。

今回の南岸低気圧も、人工南岸低気圧です。人工南岸低気圧・人工寒波・人工大雪が、米軍と
気象庁(国土交通省・日本政府)の気象操作によって作られています。・・米軍機により散布された
ケムトレイルに、米軍や気象庁のHAARPや気象レーダーから強力な電磁波が照射されることに
よって、南岸低気圧を発生・急発達させて、関東甲信地方に大雪を降らせています。
 
 

この気象テロの真実を観察してまいりましょう。雨雲ズームレーダー日本気象協会の衛星画像で状況証拠を見ることができます。特に雨雲ズームレーダーでは、気象庁の気象レーダーからの電磁波照射によって、雨雲や雪雲が急発達する様子をかなりリアルに見ることができます。気象庁による電磁波照射の状況証拠が、放射状のエネルギーパターンとして画像に記録されています。

【 気象庁による気象操作 : 人工南岸低気圧への気象レーダー電磁波照射(状況証拠) 】

■ 『2月1日 高知県室戸岬 ドップラーレーダーからの電磁波照射・・人工南岸低気圧急発達
■ 『2月1日 静岡県磐田市 Xバンドレーダーからの電磁波照射・・人工南岸低気圧急発達
 


≪ 推奨Webサイト ≫

南岸低気圧はなぜ突如発生するのか?
Walk in the Spirit 2018/01/30
寒波操作の仕組みの解説
Walk in the Spirit 2018/01/26

ヤラセ大雪予報の人工南岸低気圧製造は、いつもの室戸岬
ドップラ子

ハーモニー宇宙船団|HARMONIES ハーモニーズ(Ameblo版) 2018/01/22
-以下引用-

 
Xバンドレーダー全部 WAARPります
ハーモニー宇宙船団|HARMONIES ハーモニーズ(Ameblo版) 2018/02/01

人工南岸低気圧はしっかりグリッドで防御
ハーモニー宇宙船団|HARMONIES ハーモニーズ(Ameblo版) 2018/01/22
-以下引用-

 

 
 
初心者ホームページ作成