【 母親が赤ちゃんを抱っこしてあげる・・一生を幸せに!保育園に預ける・・虐待に近いストレス。 】 18-10-09更新

日本と世界と宇宙の真実
  【 母親が赤ちゃんを抱っこしてあげる・・子供の一生を幸せに!
   幼い子供を保育園に預けるのは、虐待に近いストレスを与える
   可能性。子供をきちんと育てれば世界の平和はすぐにきます!】
   2018-10-06
・ 10-09更新

「皆さん、こんにちは。
今回は、子育てについて、「シャンティ・フーラの時事ブログ」様の竹下雅敏氏の情報を以下に転載
させていただきたいと思います。

母親が赤ちゃんを抱っこしてあげることが、子供の一生を幸せにします。幼い子供を保育園に預け
ることは、虐待に近いストレスを与える可能性があります。子供をきちんと育てれば、世界の平和は
すぐにやってきます。そのような子育てができる社会に変えていくことが、最も大切です。

・・赤ちゃんは、母親に抱かれて、安心し、大きな歓びと深い信頼を感じます。・・両親が赤ちゃんを
抱っこして、生まれてきた新しい生命(いのち)に感謝し、尊敬の想いを抱く時、赤ちゃんは、両親に
深く愛されていることを感じます。母親、両親、家族、周りの大人たちから愛され、祝福され、安心や
歓び、信頼を感ずることを学んだ幼い子供たちは、成長して大人になってから、他の人々を愛する
ことができるようになるのではないでしょうか。・・竹下氏の今回のご提言は、極めて重要だと思い
ます。もう既に、ほとんど終わっている日本を再生させるための、貴重な示唆ではないでしょうか。

 
 

■ 『虐待を受けた子どもは、トラウマによる影響の痕跡が、DNAの中
  に刻み込まれている ~出来るだけたくさん、両親が赤ちゃんを
  抱っこしてあげることが重要~
 
  シャンティ・フーラの時事ブログ - Shanti Phula 2018/10/04
-以下転載-

「竹下雅敏氏からの情報です。

 In Deepさんの極めて重要で優れた記事です。虐待を受けた子ども
は、トラウマによる影響の痕跡が、DNAの中に刻み込まれている
という
のです。

 In Deepさんが以前取り上げた記事で、“赤ちゃんは「抱っこ」など肉体的接触を数多くされるほど
「DNAが良い方向に変貌する」
”ことがわかっています。これらのことから、赤ちゃんが生まれたら、
出来るだけたくさん、両親が赤ちゃんを抱っこしてあげることが重要
だとわかります。

 ところが、現状では非正規雇用の増加に伴って、女性も仕事を持たなければ、普通の暮らしすら
難しく
なっています。このため、幼い子供を保育園に預けて働きに出ようとする女性が多くなってい
ます。

 
 私は、幼い子供を保育園に預けることは、非常にリスクを伴う危険な行為だと考えています。
実証されたデータがないので、はっきりしたことは言えないのですが、幼い子供にとって、母親が
傍に居ないことは、虐待に近いストレスを与える可能性
があります。

 実際に、私たち夫婦は、子供が生まれて歩けるようになるまで、抱き癖がつくと言われるほど子供
を抱っこして育てました。その結果は予想した通りで、大変落ち着きのある心根の優しい子に育ちま
した。

 息子は、保育園、幼稚園には行かず、小学校に入ったのですが、そのあまりの落ち着きぶりから、
同級生に“竹下じいさん”と言うあだ名がつけられたほどです。

 私の見解では、生後3カ月たったら、“赤ちゃんは泣かない”のです。赤ちゃんが泣くようでは、私の
基準からは、子育ての失敗の範疇に入ります。

 その意味で、この地球上でまともに子供を育てている両親はほとんど居ないと考えています。子供
をきちんと育てれば、世界の平和はすぐにやってくるでしょう。


 そのような子育てができる社会に変えていくことが、最も大切だと考えています。
 


-転載元 子供に対しての虐待は、その子どもに「DNAレベルの
変化」を引き起こすことが国際的研究で示される。…それがもし「人類
全体の遺伝子」として受け継がれていくのなら…人類は結局滅亡す
るかも
 In Deep様 2018/10/03-

児童虐待、被害者に残る「分子の傷跡」 研究
AFP 2018/10/03

虐待を受けた子どもは、そのトラウマ(心の傷)を示す物質的特徴が
細胞の中に刻み込まれている可能性がある。

研究チームは児童虐待の被害者を含む成人男性34人の精子細胞を
詳しく調べた。


虐待を受けたことのある男性のDNAの12の領域に、トラウマによる影響の痕跡がしっかりと残され
ている。


ストレスは「DNAレベル」でヒトの肉体を根本的に改変する(だからどんな健康法もどんな健康
医療もストレスには勝てない)
 In Deep 2017/11/10

赤ちゃんは「抱っこ」など肉体的接触を数多くされるほど「DNAが良い方向に変貌する」ことを
カナダの研究者たちが突き止める。その影響は「その人の健康を一生左右する」可能性も

In Deep 2018/10/03

「子供の時に生じるDNAの差異は、その人の健康に一生影響するかもしれない」

「自分の子どもをできるだけ健康にしたいのなら、生まれてすぐの頃に、できるだけ肉体的接触を
たくさんもってあげること」


ストレスに応答する異常なDNAの変化によって精神神経的疾患の発症に寄与すると推測されて
いる。


日本の児童虐待の相談対応件数の推移(1990 年-2014 年)
 

出典:都道府県別統計とランキングで見る県民性[CC BY](データ:福祉行政報告例)
 

出典はシャンティ・フーラが挿入

 

「子どもへの虐待がものすごく増えている」

「それぞれDNAに傷を受けて、それは基本的に一生修復されない」

今の時代は、過去にないほどの「破壊の時代」」」

 
 
 
初心者ホームページ作成